アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一般的に車検と呼ばれる継続検査は乗用車では二年に一度(新車にあっては初回のみ三年)必ず受けなければならない検査であり、「次の検査時まで検査を受けた自動車が行動を走ることができる」か否かを判定する検査です。
「格安」を謳っているところは、先に継続検査を行い、この検査に合格しない箇所のみを修理・整備する方法を取ることで、費用を安く抑えることに成功しています。

原則、修理・交換をしなくても合格できるところはそのまま使用することになりますが、現在の自動車は耐久性も信頼性も向上していますので、次の検査まで安心して乗ることが出来ます。
そのため「格安」を謳っていても保証制度を儲けている事業所もあります。
万が一、検査に合格しない自動車であっても、その箇所を修理・整備できるところがほとんどです。

格安車検整備の競合するもの


メーカー・ディーラー系の事業所や個人で行っている事業所が競合相手になります。
一般に「メーカー・ディーラー系は高い」と言われていますが、信頼性は最も高く、サービスも行き届いている所が多いですから最も安心できる選択肢と言えます。
個人の事業所はメーカー・ディーラー系よりも低価格で継続検査をしている所が多く、内容によっては格安車検よりも安くできることもあります。
ただし、個人事業所は内容やサービス・料金にばらつきがあるため、「指定工場」「優良認証工場」などの看板や、評判などで判断することが必要となってきます。
もう一つ、ユーザー車検があります。
これは自動車の使用者が自分で陸運局の検査場へ趣き、検査を受けるというものですが、不合格になった時の対処方法や手続きなどをすべて自分で行う必要があります。

車検整備料金の今後の動向


全体に継続検査の費用は下降しており、ディーラー系、個人事業系であっても価格は下がってきています。
今後、継続検査にかかる費用・期間は極めて短時間、低料金で済むか、莫大な料金がかかるかの二極化が進むと考えられます。
自動車自体の信頼性が増し、更に道路状況も良くなったので自動車自体が「壊れにくく」なっているため、検査の際に部品交換や修理が不要になってきているからです。
一方で、不景気の長期化で自動車の買い替えが進んでおらず、経年劣化や過走行により、壊れる自動車が増えてきています。
特に営業用として供される自動車はこの傾向が強いです。
このような自動車は、継続検査に合格させるために追加整備をしなければならないため、結果費用や期間がかかってしまうケースが有ります。

オススメリンク

見積もりが重要

車検代は、法定費用と基本整備料金からなっています。
法定費用とは、国に払う税金や保険料の事で、重量税、自動車賠償責任保険=自賠責、印紙代の3つです。
重量税は、車検証に記載されて…Read more

ガソリンスタンドや車用品店

近年、人気なのはガソリンスタンドや、カー用品店、専門店などです。
実は、これらのお店はディーラーよりも基本料金がかなり安いのです。
ディーラーでは何もしていないくても点検、検査、…Read more

関連リンク

BACK TO TOP